私には4人子供がいます。

 

一番下の息子には、食物アレルギーがあります。

 

小児科に連れて行って相談したのですが、

おばあちゃん先生でアレルギー検査は5歳になってからすると言われました。

 

今のところ分かっているのは、牛乳と卵とピーナッツです。

ピーナッツはお菓子に入っている程度は平気ですが、

落花生の殻をむいてそのまま食べると、唇が腫れました。

 

牛乳は少しずつ改善し、料理やお菓子に混ぜる程度は平気です。

 

そのまま飲むのは難しいのですが、食べれるものが増えてうれしいです。

 

2歳になるまでは完全除去をしていたので、

 

今では少しずつ牛乳からのカルシウムの摂取が可能になりました。

 

卵は依然完全除去です。

 

5歳まで続きます。

 

食事も面でとても大変です。

 

上の子たちは、栄養バランスを考えて献立を考えなければなりません。

 

下の子に合わせていては、

好きなものを食べることができないためにイライラが募ります。

 

下の子が寝ている間や見ていないところで食べさせています。

 

食物アレルギーがあると、小学校の入学が心配です。

 

もうすぐ3歳なので、まだまだ先なので考えないようにしています。

 

今のうちに腸内環境を整えて、

胃腸を強くしようと心がけていることがります。

 

それは、毎晩青汁を飲ませることです。

 

私と主人と3番目の息子と下の息子の4人で続けています。

 

飲ませるようになってから、肌荒れが改善しました。

 

2歳になるまでは、塗り薬が手放せませんでした。

 

かばんに入れて持ち歩き、

気になるとすぐに塗れるように時々息子の肌をチェックしていました。

 

今では血色がよくなり、ほとんど肌荒れしません。

 

乾燥肌も改善されました。

 

保湿も必要ありません。

 

夏場のあせももうまく乗り越えました。

 

肌荒れしやすい子は、

食物アレルギーを持っている子が多いと聞いたことがあるので、

肌荒れが改善すると食物アレルギーも改善したらいいなと思っています。

 

食物アレルギーがあると、

栄養バランスが悪くなるようです。

 

息子は歯が弱く、気を付けているつもりですが虫歯があります。

 

小さいので治療ができず、虫歯の範囲が広がっています。

 

カルシウム不足は、成長にも影響が出ています。

 

身長が低めです。

 

平均身長を見ると、半年ほど遅れています。

 

成長曲線から外れていないのですが、下の方なので将来が心配です。

 

私の周りでは、食物アレルギーがある子は、身長が低めです。

 

特に牛乳アレルギーがあると影響が出ます。

 

この先上手く成長できるように、頑張ることが私の仕事です。

 

上の子たちのように、しっかりと成長できるように見届けたいです。