現在1歳2ヶ月の息子の話です。息子は昨年8月に授かった第一子です。

新生児が夜中泣くのはおっぱいが欲しいからであって夜泣きではない、と知ったのは産後でした。

夜泣きはいつ始まるんだろう…うちの子も夜泣きするんだろうか…夜泣きは赤ちゃんの脳の発達によるもので悪いものではないと聞くけど、いざ始まったら大変だろうな…

と夜中の授乳と日々の育児ですでに疲労困憊していた私は怯えておりました。

息子の夜泣きが始まったのが生後五か月の頃。

夜中はおっぱいを飲んだらすぐに眠りについて、それから4~5時間は起きなかった息子が、なんと1時間おきに目覚めるようになったんです。

私はもともとすぐに寝付けないタイプなので、息子が寝てから1時間後に起きるまで、寝たくても一睡もできないということもよくありました。
昼間も寝不足で、息子に絵本を読みながらウトウトしてしまったり、イライラして夫と喧嘩をしてしまったり…。

おっぱいじゃないと寝てくれないので頻回授乳になってしまい、乳首も切れて痛くて痛くて…。
かなり辛い思いをしました。

なんとか解決策はないものかとネットで検索。

見つけたのが寝んねトレーニング、通称ネントレでした。

ネントレとは赤ちゃんが自分で眠る力をつけるトレーニングで、色んなやり方があります。

添い寝しながらお腹や背中をトントンしてあげて赤ちゃんの入眠をサポートしてあげるソフトなものから、「おやすみ」と最後に声をかけて退室し、赤ちゃんの入眠の手助けは一切しないハードなものまで。

色々調べて散々悩んだ挙句、いっそやるならば短期集中で終わらせたいと思い、即効性のあるハードなネントレを私は選びました。

ただ、ハードなネントレは最初の数日は赤ちゃんをかなり泣かせることになります。
夫にも相談したら、ご近所迷惑にならないかと心配されました。

意見が合わず喧嘩もしましたが、夜中も昼間も息子の相手をするのは私、夜中どれだけ泣いてるか知っているのも私、寝不足なのも私。

すでに夜中泣き続けてご近所に迷惑になっているわけだし、ネントレで最初の数日泣かれようと、トータルで泣いた時間はネントレした方が圧倒的に少ないはず、と夫を説得し、夫が出張する時を狙って強制スタートしました。

ネントレを開始して初日、息子は何時間も泣き続けました。
泣き声を聞いているこちらも泣きたくなりましたが、心を鬼にして耐えました。

そしてネントレ開始3日後には早くも効果が表れ始め、なんと朝までぐっすり寝てくれるではありませんか。
こんなにすぐに効果が出るとは驚きました。

今まで毎晩夜泣きに対応して寝不足になっていたのが、1週間後には完全に寝不足も解消され、昼間も息子の遊び相手になってあげられるようになりました。

夜泣きが始まった時は一体いつまで続くのだろうと途方に暮れましたが、ネントレを知ることができて本当に良かったです。

今は息子も成長し、また違った大変さがありますが、夜泣き同様、過ぎてみたらあっという間なのかと思うと頑張れます。
でも…あの時は本当に辛かったです。